「自分だけの強み」の本当の意味

先日小さな会では3回のZOOM会を終えました!

BUYMA以外のビジネスをされている方もいて、
前回はAmazonの話も聞けて盛り上がりました!!

目次

広いビジネス界の人と交流すれば視座が上がる

私が色んなところでお伝えしている、
「自分のビジネスの外の方とも交流もったほうがいい」
っていうところに繋がるのですが

例えば、
BUYMAでの常識BUYMAの中だけの話なんですね。

始めたばかりの頃はそれでいいと思います。
むしろ色んな情報を得るよりもBUYMAに集中した方がいい

ある程度、利益がコンスタントに取れるようになったら
他との差別化とか、
もっと効率的に稼げる方法ってないのかな?
って考えることありますよね。

稼ぐ魔法なんてない。
泥臭いことの繰り返し。

って私はいつも言うのですが、
基本のコツコツはどのステージになっても必要です。

それを
自分がするか外注さんがやるかツールがやるか
だけの話だと思っているんですね。

そのコツコツは継続しながらも
次のステージを目指す時に
自分がしているビジネスの外を見てほしい
って思っています。
今何かビジネスされているならその外で活躍されている方も見るといいです。

セミナーに参加できなくても
ブログを読む、ってだけでもいいです。

誰でもできることではなく、自分だけができることを探そう

1つ重要なこと。

「誰でもできることは美味しくない」

です。

「VIP交渉は誰でも取れる」
って聞いたことありませんか?
(BUYMAしていない方だと分からない話でごめんなさい)

この「誰でも取れる」ことに旨味はありません。
だってライバルもあっさりできるってことなんだから。

「誰にでもできる」

「誰でも取れる」
は違うんですね。

交渉は誰でもできます。
でも
誰でも取れる権利は全然おいしくないってことです。

自分だけの
または少数だけの仕入先が強みになります。
長くビジネスを続けるための強みになります。

講師ビジネスであれば、
同じことをコツコツ続けられることも強みです。
自分をブランディングして、
「自分だから」と言ってもらえることも強みです。

「自分だけの」

簡単にできるものではありません。
だからこそそこに旨味があるし
自分の時給を上げられる要素にもなりますよ。

何かのヒントになったらうれしいです。

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる